行ってきました!
神戸オーラスではなくなったけど、オーラス予定だった、神戸公演!

いや!オーラスといえばオーラスですね(^^)

FT2019神戸-2

FT2019神戸-1

私、オーラス参戦が始めてだったのですが、やはりオーラスは違うね!
今回がいつもと異なるライブだったからか、オーラスだからか、は分からないけど、
おそらく、4人になったこととは別にいつもと違う空気を感じました。

今回のツアーでオーラスしか行けなかったので、
色んな初めてが重なったからかもしれませんが、
色々と感情が揺れ動いたライブでした。

先に言っちゃうと、
このライブに参戦できて本当に良かった!」が終わって一番最初に思った感想です。

スポンサーリンク

ライブ 1部

まず、始めに「F・T・I・S・L・A・N・D」のかけ声的なものから始まって、
一瞬、昔の曲の「FTISLAND]が始まるのかと思った(笑)
まさかね(笑)今までのセットリストにも入ってないし。。

でも、そこからフラロクが始まって、フラロクもテンションかなり上がる曲だし、
始めからテンションアップ!!フラロク始まりは盛り上がっていいですね(^^)

フラロクで久しぶりにジャンプしたような気がしました!
1曲目のジャンプは盛り上がるよね(^^)

あと、Boom Boom Boomは久しぶりすぎて鳥肌が立ちました!
アレンジされてたけど、これが聴けたのは凄い嬉しかったです!
昔はBoom Boom Boomのところを替え歌にして歌ってたよね(笑)
そんな事も思い出しながらノリノリでした!

なんか、今回のライブ、感情があちこちいって、
楽しみながらも色んな感情になったので、
セットリストがイマイチきちんと記憶されていないのですが、
始まって3曲だったと思います。

フラロクからSATISFACTION前まではただただ楽しみノリノリな感じでした。
SATISFACTIONを聞いてから、少しホンギが心配になりました。。
歌っている顔が苦しそうに感じて。。

感情がこもり過ぎての顔なのか、
声帯的にもしんどいのか、
表情が今までの感じと違う気がしました。

この辺からPrayまでかなり心配になりました。。
声帯の心配もあるけど、なんか、感情的にすごい心配に。。

声もいつもと少しいつもと違う時があるような。。。

私は、今回のツアーレポを見させて頂いて、
少しづつ、気持ちが前向きになってきているのかな。と思っていたのですが、
このツアーで今回が初参戦だった私には、
辛さや頑張りが見えて胸がいっぱいになってきちゃって。。

特に、Take Me NowやPrayあたりは、
ホンギが広島で声帯に異変を感じたところなので、
ホンギの喉の心配、ホンギの恐怖心は大丈夫かなぁという心配、
ホンギの覚悟が見えた心配。。

頑張ろう。頑張らなくては。。は強く思いすぎちゃうと
糸が緩んだ時に、跳ね返ってきそうで心配になっちゃう。。

なんせ、このゾーンは、もちろんノリノリなんだけど、
(全力で応援するってきめてるもんね(^^))
心の片隅で心配がよぎるゾーンでした。

季節のゾーンでは
soyogi~Rainingは、ジェジンの心強さも感じましたね。
本当、ジェジン・すんちゃん・ミナリが頑張って
ホンギの喉に負担をかけないように、
すごく、メンバーが支え合いつつも、
メンバーひとりひとりの良さがでてて良かった!

ホンギの神的ボイスもジェジンの癒しボイスも
ミナリの安定したミナリボイスもすんちゃんの頼もしいボイスも
4人で支えあっているように感じてそこにプリが加わって、
心が温かい気持ちになりました。

冬のDistanceはやっぱりホンギの声に惹きつけられました。

ここで、テンションが下がってるとホンギに指摘されちゃいましたね。。
ここからノリノリゾーンに行くんだけど、
FREEDOMでホンギが前に下りてました。

本当は昨日みたいに下りたいけど下りれる場所がないから
前方にだけ下りるといってステージ下に下りてました!

ちゃんと考えているんだ(笑)

第1部の終盤は盛り上がり曲で、
ここは、もう無条件に楽しみました!
中盤少し感情がゆれてしまったので、
何も考えず楽しもう!と思ってノリノリに(笑)

スポンサーリンク

ライブ 第2部

ホンギ曰く、これからはアンコールと言わない。
FTは何部制にするといっていて、

1部がライブ本体
2部がアンコール
3部がジェジンコーナー

この3部制らしいです(笑)

そして2部はParadiseからだったけなぁ。。
この後のMCでホンギから今回の件について話がでました。

(ここから、涙で若干記憶がおかしいかもですが
ニュアンスでとっていただけると助かります。。)

何かしたかったけど(どうにかしたかったけど的な)、
 何もできなかった(どうすることもできなかった的)
 本当は守りたかったけど、守れなくてごめん

この言葉でもう痛いほどホンギの気持ちが伝わった。。

そうだよね。
一番守りたかったのはメンバーだよね。

でも、FTISLAND本体は守っていく。
これから4人で頑張っていく。的な話で
もう、感情が湧き出てきて涙が止められなくて。。。

そこから、すんちゃんが一言いいですかって
いつものすんちゃんのおふざけに進むのかと思ったら

「今回、あのことがあって、あまりにも時間がなくて
 キャンセルをしないといけないかと思った。
 でも、みんなに約束したから、約束を守るために
 頑張りました。

人生ってどうなるかわからない。
僕もみなさん一人一人もそうだと思います。
今回のライブでたくさんチカラをもらった。
ありがとうございます。」
(少し違うかもです。うる覚えで。。)

今回、本当にすんちゃん大変だったよね。
本当にすんちゃんもギリギリのところだったと思う。
すんちゃんの頑張りがあってこのツアーが出来たと思う。

ふにの立ち位置にくるのは本当に色んな思いがあったと思う。
でも、すんちゃんの頑張りが本当に伝わったライブでした。

ここから、じゃあ、みんな一言づつ話そうよ。と
ホンギがジェジンに振ったんだけど、ジェジンは3部で
話すってミナリへ

ミナリは
「この1・2年の間に色んなことがおきてメンタルが壊れてたけど
 僕達、FTISLANDはデビューする前から合わせると15年(?)16年(?)
 (ここの年数は曖昧です。。)僕の人生の半分です。
 僕にとって大切なFTISLANDを守りながら頑張りたいので
 応援よろしくお願いします。」

ミナリもここ数年本当にたくさんのことがあって、
でも、ミナリがメンタル崩壊していたなんて。。
ずっしり構えている感があるけど、やっぱり、悩んでたよね。。

でも、こうやって話してくれることがFTらしいと思ったし、
FTが信じられるし、ついてきて良かったと思う。

ごめんなさい。はあってもこういった
一人一人の気持ちを話してくれるのはFTならではだと思う。

(このあたり、涙腺崩壊中な上、メンバーの表情が目に入ってきて
言葉を聞いているので、正確な言葉ではないと思います。
ニュアンスはこんな感じだったと思います。)

ここからのアリガトは言うまでもなく号泣です。。

拍手が沸き起こり&アンコールで追加2曲!

最後のOrengeDaysでようやく笑顔で聴けました!
ホンギが笑って終わろうっていったので、
涙が出ても笑顔で!っと思って!

第3部 ジェジンコーナー

ジェジンコーナーでは、
まずさっき話してないので話すねから始まって
「昔、皆さんがなぜ僕らのことを好きにしてくれるのかな。
って悩んだことがあります。でも、今は関係ないです。
皆さんと一緒にやっていきたいなと思ってます。

何でもない僕らのことを光ってる存在にしてくれて
ありがとうございます。

そこからの気持ちのこもった
「みんなーありがとう!」

でバイバイしました。

こんな風に思えるジェジンは凄いなと思いました。
普通だったら、人気が出てきて天狗行きになる方もいる中で、
こういう気持ちを持てるジェジンがやっぱり心がキレイなんだと思う。

今回、4人の表情を見ながら、話を聞けたことでとても心に伝わりました。
まだまだ、辛い思いも残っている中で、
どうにかFTISLANDを守る為にこのツアーの決行に至ったんだよね。

5人で作った今回のツアーを成功させたい気持ちもあったのかもだし、
これからのFTISLANDの為に覚悟をもっておこなったツアーだったと思うし、
色んな思いがあったツアーだと思う。

15・16年共にしてきたふにへの思いはきっと消えることはないと思う。
一緒にFTISLANDを作ってきたのはまぎれもなく真実だし。

でも、FTISLANDを守るために先へ進まなくてはいけない。
先へ進もうとしている彼らを本当に心から応援していきたいと思います。

ここで入隊もまってるからさらに不安はあるよね。。
でも、プリもFTを信じて待ってるから、
FTもプリを信じて行ってきてほしいな。と思います。

後輩を応援して待ってるよ☆
好きにならないから安心していっとで~(^^)
って伝えたいです(^^)

スポンサーリンク